体内のサビを除去できる水素水|巷で話題の健康アイテムはココ

おすすめのサプリ

栄養素

DHAとEPA

食品の中にはヘモグロビンa1cを増やす食品もあれば減らす食品もあります。増やすものとしては、ご飯やパンやラーメンなどの炭水化物です。これらはダイエットにとっても大敵となる食物です。それとは反対に減らす効果のあるものは青魚です。青魚にはDHAとEPAが豊富に含まれていますので、ヘモグロビンa1cを少なくしたり、中性脂肪を減らしたりする効果があるので、ダイエットにうってつけなのです。さらに血行改善の効果を発揮してくれます。マグロやイワシなどには特に多く含有されていますが、いくらダイエットのためとはいえ毎日食べることはなかなか難しいです。そのため、サプリメントで摂取してもかまいません。最近はセサミンも配合されているサプリメントが販売されています。セサミンはDHAやEPAによる酸化を抑制してくれる働きをして、身体を酸化から守りながらヘモグロビンa1cを下げてくれるので、ダイエットの大きな手助けとなるでしょう。

クロムやサポニン

クロムには血糖値を安定化させる効果があることが近年の研究でわかりました。そのため、ヘモグロビンa1cを下げて糖尿病を改善する効果が期待されています。しかも、脂質代謝において大きな役割を果たしてくれますので、コレステロールを下げてダイエットにも役立ってくれます。食品としては玄米やそばに豊富に含まれています。また、健康食品の代表格である高麗人参もサポニンが多く含有されているので、ヘモグロビンa1cを下げる効果があります。そのほかにも、マグネシウムやミネラルヤナトリウムも多く含んでいるので、代謝の促進効果もあります。ダイエットをしながら糖尿病対策も可能ですので、一石二鳥の効果があります。