体内のサビを除去できる水素水|巷で話題の健康アイテムはココ

鉄分の摂取で酸素を供給

シニア女性

酸素不足による負担

鉄分のサプリメントは、貧血の予防や改善のためによく飲まれています。なぜ鉄分の摂取によって貧血が防がれたり改善されたりするのかというと、鉄分が血液中のヘモグロビンの材料となるからです。ヘモグロビンはたんぱく質の一種で、酸素と結合する性質があります。そして呼吸によって入ってきた酸素は、このヘモグロビンと結合することで、血液の流れに乗って全身に行き渡っていくのです。ヘモグロビンが不足すると、体は酸素不足となります。酸素が足りない状態では、代謝が大きく低下してしまうため、肥満の原因になってしまうのです。酸素が足りないと身体は酸素を得るために、呼吸の数を増やします。さらに心臓は、より多くの酸素を全身に送り届けるために、さかんに血液を押し流そうとします。貧血の状態は、呼吸器や心臓にとっての負担となり肥満の原因になるのです。そのため多くの人が、呼吸器や心臓を守るためにも、鉄分を摂取してヘモグロビンを増やしているのです。酸素が十分に身体に行き渡れば、ダイエットもより効果的に行なえるようになるでしょう。

動物性のヘム鉄

ダイエットのために、ほうれん草などの野菜を多く食べて鉄分を摂取しているという人もいます。しかしほうれん草は植物で、人間は動物ですから、ほうれん草に含まれている鉄分は、人間の体内にはスムーズには溶け込みません。そして、人間のヘモグロビンが鉄分から作られていることからもわかるように、豚などの動物にも、鉄分が多く含まれています。この動物性の鉄分をヘム鉄というのですが、これには植物性の鉄分よりも、人間の体に溶け込みやすいという性質があります。そのためダイエットに活かすなら動物性が良いのです。ヘム鉄は、動物の肉を食べることで摂取できるのですが、肉の食べ過ぎは、脂質の過剰摂取による肥満を招きます。ダイエットをしている人は食事のバランスに気をつけて摂取する必要があるでしょう。そのため、ヘム鉄で作られたダイエットサプリメントがよく利用されているわけです。